BrSE(ブリッジSE)とは?

 2020年03月23日

BrSE(ブリッジSE)とは?

現在、BrSE(ブリッジSE)は、多くのベトナムITエンジニアの選択である。それでは、なぜ多くの人がBrSE(ブリッジSE)になりたいか、そしてベトナムのエンジニアが職業の要件が何であるかを知っておく必要かを次の記事を読んでみよう。

1. BrSE(ブリッジSE)とは?

確かに、BrSE(ブリッジSE)を始めて聞いた時、多くの人は橋梁エンジニアや技術の仕事を想像するらしいである。

しかし、実際はブリッジSE (Bridge System Engineer – BrSe)は、ベトナム企業(オフショア開発企業)と日本企業との間に立ち、橋掛けの役割を持つエンジニアである。

彼らの仕事は、両方の企業がお互いによりよく理解し、作業がスムーズに行き、より良い結果になるようにすることです。ブリッジSEの特殊は、最初から最後までのプロジェクトの進捗を監視することである。

2. なぜフリッジSEの役割が多いか?

ブリッジSEの仕事はお客様とコミュニケーションし、プロジェクトのプランや目標を立て、進捗を管理することです。また、プロジェクトが終わったら、ブリッジSEは完了品をチェックして、お客様に納品する。

これらはプロジェクトの成功に大きな影響を与える仕事ですので、ブリッジSEは企業にとって、重要な役割を果たすと言える。

3.ブリッジSEの日常業務

3.1.日常業務

企業のビジネスによって、ブリッジSEの日常業務が違うが、一版的には、以下のようなことがある。

  • 日常計画を立て
  • プロジェクトの進捗を管理
  • 仕事をレビュー
  • 週ごと、月ごとのプロジェクトの進捗を報告

ブリッジSEの仕事は自分の会社と相手の会社の交代になると言われる。両社が理解できるように、ブリッジSEが作業状況を常にアップデートしなければならない。

 

3.2.プロジェクトの各段階に従う。

実際にブリッジSEの仕事はプロジェクトに入る時、大きく変わり、また、プロジェクトの段階によって、仕事も変わる可能性がある。具体仕事には、次のようなことになる。

  • プロジェクトの開始:全てのことを調査し、計画して、準備する
  • プロジェクトの実装:具体的な操作を管理する。また、プロジェクトの効率や品質が上がるため、実装の戦略方法を変更。
  • プロジェクトの完了:顧客に納品する前、製品をよくテスト

ブリッジSEの仕事はかなり大変です。仕事上の効率の為、ブリッジSEの柔軟性が高いことが求められているようである。

4. ブリッジエンジニアはどんな要素が必要か?

4.1.我慢

ブリッジSEは、独立して働ける為、2年以上の期間を必要とする。それで、その間に一所懸命学びながら練習する必要がある。

4.2.責任感が高い。

どんなプロジェクトにおいても、最初から最後までフォローしなければならない人が必要なので、ブリッジSEは高い責任感が必要となる。

4.3. 勤勉

勉強することは限界がない。特に、ブリッジSEは多くのことを勉強しなければならない。

4.4. 冷静

色々な人に接触する場合、仕事を効果的に処理・解決するための冷静さ、忍耐が必要である。

5. ブリッジSEはどんな事を勉強しなければならないか?

高い要件のある仕事に対しては、ブリッジSEは色々な知識とスキルを準備して、お客様の信頼を手に入れなければならない。

5.1.外国語

日本人のお客様とコミュニケーションできる為、日本語能力N2レベル以上が必要だと言われる。それに、英語もできるエンジニアが大きなメリットとなる。

5.2. ハードスキル

仕事を効果的に展開しながらエラーを回避する為、ブリッジSEは専門知識をよく把握しなければならない。

5.3.ソフトスキル

ソフトスキルは、お客様に接触する時に、双方の協力合意が達成できる為の重要な事になる。

5.4. 経済知識

ブリッジSEは多くのスキルと知識が求められる仕事だ。その中で、経済知識が必要なことの一つだと言われる。適当な計画や作業を迅速かつ効率で実行できるようにする。

6. ブリッジSEの募集情報

ブリッジSEの募集情報は以下のことを参考しよう。

6.1. オフショア案件のブリッジSE

  • 日本語能力試験N2相当、コミュニケーションが良い。
  • 日本人お客様のプロジェクトの管理経験が1年以上
  • PHP/Java/.Net/IOS/Androidなどの中の1つで経験がある

6.2. オフショア案件のサブブリッジSE

  • 日本語能力試験N3相当、コミュニケーションが良い。
  • PHP/Java/.Net/IOS/Androidなどの中の1つで経験がある
  • チームリーダー/テックリーダーであったことは利点
  • Sub-BSEについては、日本とベトナムでBrSEになるためのトレーニングオリエンテーションに参加する機会がある。

ブリッジSEは安定収入をもたらすだけではなく、コミュニケーションを改善し、色々な職場環境に適応するのにも役立つと言われるようである。

本記事を通じて、ブリッジSEについて必要な情報をもたらせるように期待する。